子供に英語に興味を持たせるためにすべきたった一つのこと。

こんにちは。りほです😊
今回はタイトルのことについて書きたいと思います。

何せ私はこれまでに、

●英語で劇を演じる習い事

●英語専門の塾

●英語専門の家庭教師

などなど、ありとあらゆる英語系の習い事をやってきたので、反省点ならたくさんあるのです😂
どなたかが反面教師にしてくだされば嬉しいです😅

あらかじめお伝えしておきたいのは、もしあなたが目の前の子供に英語に興味を持たせたいという気持ちがあっても、最終的な決定権は子供に委ねてほしいということです。

子供が英語はやりたくないと言ったら、無理強いはしないであげて下さい🙇🏻‍♀️

それではいってみましょう〜

りほの英語遍歴その1

私の片方の親は若い頃、後進国で貧しい子供たちを助けたいという夢を持っていました。

ただしその夢は、もう片方の親に出会ったことで棚上げとなり、両親は日本で共に働き結婚しました👩‍❤️‍👨

それで子供に自分の夢を継いでほしいと思ったのか、はたまた早期英語教育のトレンドを意識したのか?

私は2歳ぐらいの頃から英語に関する習い事をしていました。

●6歳ぐらいの頃には英語専門の塾に行き

●7歳ぐらいの頃には英語で劇をする団体に所属し

●12歳ぐらいの頃には英語専門の家庭教師に教わり…

どれも自分で希望した習い事ではありませんでした。

気づいたら連れていかれて行くことになっていて、物心つく前から他の習い事に関してもそんな感じなので、そこに何も疑問を抱いたことはありませんでした。(それがまずいんですが…)

高校は、英語に力を入れている高校に入学しました🏫

毎日小テストが行われる学校で、英語は正答率七問以下だとその日のうちに再テストが行われ、合格点が取れるまで何度でもテストが行われました💯

日々の作業量が半端ではなかったです。

若かったので寝たら回復していましたが、正直週五フルタイムで働いている今よりも、10代の頃の方が忙しかったと思います😢

りほの英語遍歴その2

そんな人生を送っていたからか、当然のごとく心身を壊しました💦

数年間の休息を経て回復した後、大学に行くための勉強をした時も、何度も英文を音読し、英単語、英熟語、英語の語源を暗記しました。

しかし、小さい頃から大人になるまで、そこまで英語に触れる環境にあったにもかかわらず、

私は英語が好きでも嫌いでもなく、はっきり言ってなんとも思っていませんでした。


というか人生の後半は、ずーーーーーっと日本の受験教育的な、

●1人で黙々テキストを片手に、

●機械の様に単語、熟語、文法を暗記して、

●機械のようにテストで回答する。

という英語の勉強をやってきていたので、いささか英語に飽き飽きしていました😅

しかし、その数年後。

あることがきっかけで、私は生まれて初めて英語に興味を持つようになるのですが、

そのあることは後で話すとして、結果的に私は英語に興味を持ってからも勉強することができませんでした。

なぜならもうずーーーっと英語をやってきて、脳も心もくたくたに疲れてしまっていたから。

やりたいという気持ちよりもうやりたくないという気持ち、疲れの方が優ってしまったからです。

大切な「あるもの」を欠いたままで英語の勉強をすることや、

実際のコミュニケーションを伴わず、1人黙々と勉強する時間の多い、日本の英語教育はどうかと思います🤔

りほの英語遍歴その3

サイボーグのように育ったせいか、私は高校まで本当に友達ができませんでした。

周りの伸び伸び過ごしているクラスメイトと、完璧に自己管理をしなければその日の課題が終わらない自分では、どうしても気が合わなかったのです😣

高校では周りもせかせかと勉強していましたが、その頃にはすでに周囲に対して心が開けなくなっていました。

しかし、遅まきながら大学に入り、学生生活の傍らで趣味を楽しむようになると、

初めて気が合う友達ができるようになりました。

親から離れて自分の意思で自分を表現できたのがよかったのかもしれません。

数年間の休養中に心を開く治療や努力をしていたことも大きかったと思います。

そして、大学入学と同時に都会に出てきて驚いたのが、

「日本にはこんなにたくさんの外国人の方がいるのか…!」ということでした。

道にも電車の中にも沢山外国人の方がいる👩🏼🧕🏻🧑🏽‍🦰

それまでは英語の先生か、テレビでしか生の外国人を見たことがなかったので衝撃的でした。
(THE・田舎育ち😂)

人とのコミュニケーションが楽しめるようになったことと、外国人の方の存在を感じられるようになったこと。

この二つが自分にとっては大きかったです。

そして仲良くなった人の中に、英語を使いこなして仕事をしている日本人の方がいたことも刺激になりました。

人と話すのって楽しい。異文化で生まれ育った人と話せたら、心を通わせられたらもっと楽しいのではないか?

沢山の日本人の方、そして外国人の方とすれ違う雑踏の中で、自然にそう思えたのです。

英語に興味を持つために大事なこと

もし、子供に英語に興味を持たせたいというお気持ちがあるのであれば、私からお伝えしたいことはたったひとつです。

その子が人を好きになれるようにしてあげて下さい。その子に人と関わる喜びを教えてあげて下さい。

英語というのは、人とコミュニケーションをとるためのツールです。

ツールだけをどんなに磨いても、ツールを使う動機=人とコミュニケーションをとりたいと思う気持ちがなければ、ただ格好いいナイフを持っているだけになってしまいます🗡✨

ナイフの使い方がわからなければ持つ意味はなく、その内ファッションナイフにも飽きてしまいます。

人間は本質的に、誰かと共感し合えたり、気持ちが繋がった時に嬉しいと感じる生き物です👫👭👬

小さい頃心が内に籠ったりしなければ、スムーズにそう思えると思います。

ですので早いうちから、一つの世界の中に子供を押し込めず、多様な価値観に子供を触れさせて、安心して共鳴し合える仲間を見つけることが大事なのではないかと思います。

家族以外の誰かとコミュニケーションをとる楽しさや、心が繋がる楽しさを早くに知ったら、子供の関心はさらに遠く、海外の人にまでも広がるのではないでしょうか✈️

もちろん行きたい時に海外に行けるよう、りほみたいに健康を損なわないように気をつけて😅

以上、りほを反面教師にして学ぶ、英語への興味の持ち方でした〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA